舟久保遥香の兄は柔道未経験者!顔は似ていてイケメンなの?

女子柔道日本代表に選出されている、舟久保遥香選手

パリオリンピックでの金メダル獲得にも期待が集まっていますね。

そんな舟久保遥香選手には、お兄さんがいると話題に。

日本を代表する柔道家の兄ですから、お兄さんも柔道に関わっている人なのでしょうか?

今回は、舟久保遥香選手の兄や家族についてご紹介していきます!

この記事でわかること
  • 舟久保遥香選手の兄は何をしているの?
  • 舟久保遥香選手と兄は似ている?
  • 舟久保遥香選手の家族構成は?
目次

舟久保遥香の兄は何をしているの?

舟久保遥香選手のアップ写真
引用元:全日本柔道連盟公式HP

舟久保遥香選手のお兄さんについてですが、柔道に関わる仕事はしていないことがわかりました。

舟久保遥香選手がインタビューの中で、「友達の影響で柔道を始めた」と話していたことがありました。

保育園のときに友達が柔道をやっていたので始めました。
でも…、あまり記憶がないんですよね。

最初のうちは柔道をするというよりは遊んでいるという感覚でした。
先生も一緒に遊んでくれて、少年団には多くの小学生がいたので、遊べてただただ楽しいという感じで…。
何も考えずに、遊べて楽しいなという気持ちでした。

スポーツ安全協会 インタビューより

柔道などのスポーツ選手は、幼少期から兄弟で同じスポーツをやってきているパターンが多いです。

阿部一二三選手、阿部詩選手の兄妹などがそのパターンですよね。

しかし舟久保遥香選手は、保育園のときに友達の影響で柔道を始めたと語っています。

ということは、お兄さんは柔道に関わっていない可能性が非常に高いです。

舟久保遥香選手のお兄さんの情報は出てきませんでしたので、お兄さんは一般の社会人だと考えられます。

舟久保遥香と兄は似ているの?

青いユニフォームで戦いに挑む舟久保遥香選手
引用元:柔道サイトeJudo Lite

舟久保遥香選手とお兄さんは似ているのでしょうか?

お兄さんは一般の方になるので、写真などはありませんでした。

舟久保遥香選手は、高校時代から美人柔道家として注目を集めていました。

この写真の左から2番目が、高校時代の舟久保遥香選手です。

ショートカットが良く似合うボーイッシュでかわいいですよね!

女優の能年玲奈さんに似ていると言われていたことも。

そのため、舟久保遥香選手のお兄さんもきっと、かなりのイケメンなのではないかと推測できます。

舟久保遥香の家族構成は?

ガッツポーズを取る4人家族のイラスト
引用元:いらすとや

舟久保遥香選手の家族構成は、父、母、兄、舟久保遥香選手の4人家族となります。

意外にも、家族の中に柔道経験者はいないことがわかりました。

それでも、両親からの全力のサポートを受けて、舟久保遥香選手は柔道に全力で取り組んでこられたそうです。

そんな両親についてご紹介していきましょう。

舟久保遥香選手の父親は元・山岳会会長!

舟久保遥香選手の父・舟久保元孝さん
引用元:舟久保元孝公式X

舟久保遥香選手の父・舟久保元孝さんは、御坂山岳会の会長を務めていました。

御坂山岳会とは、富士山の麓である山梨県富士吉田市を拠点とする社会人山岳会です。

舟久保元孝さんはそこに長年所属し、遭難者の捜索や救助活動などにも携わっていました。

冬山では、スキーパトロール隊長として、ゲレンデの安全を守っていました。

お父様自身もスポーツマンなのですね!

そんな父・元孝さんは、陰ながら舟久保遥香選手の活躍をとても応援されているようです。

誰よりも舟久保遥香選手の活躍を喜んでいる様子が伝わってきて、微笑ましい親子愛ですね。

舟久保遥香選手の母は料理でサポート!

娘を気に掛ける母親のイラスト
引用元:いらすとや

舟久保遥香選手の母親は、詳しい情報がありませんでした。

お兄さんと同じく一般人だと思われます。

母親とのエピソードとして、「大会の朝にいつもお赤飯やおにぎりを作って渡してくれる」と話していました。

日本の大会で母がいつも、母のゲン担ぎがかもしれないが、おにぎりを、お赤飯を試合の数だけ朝渡してもらって食べている。あたたかいなと思いながら、いつも受けとっています。

TBS NEWSより

スポーツ選手にとって、食事はとても大切な要素です。

お母様はそういう面で舟久保遥香選手をしっかりとサポートされているのですね。

ゲン担ぎを行っているところからも、お母様のあたたかい愛情が伝わってきます。

舟久保遥香は家族の話をあまりしないって本当?

金メダルを掲げて笑顔を見せる舟久保遥香選手
引用元:日刊スポーツ

舟久保遥香選手は、インタビューなどで家族の話をあまりしないことで有名です。

それは幼少期の早くから親元を離れ、金メダリストになることを目標に柔道に打ち込んできたからです。

学生時代の柔道のトレーニングはとても厳しく、家に帰っても寝るだけの生活が多かったと語っていました。

「ただただ、疲れてしんどくてという毎日でした。だからといって、練習はイヤではなかった。毎日、一生懸命やって、帰ったら何にもできなくて寝て、起きたら練習に行く。楽しかったし、充実していました」

Tazan 2022.7.11公開号

思春期特有の気恥ずかしさもあったのかもしれませんね。

それでもお父様とお母様は、そんな舟久保遥香選手の頑張りをあたたかく見守ってこられました。

そのため今では、舟久保遥香選手は両親や家族にとても感謝しているそうです。

パリオリンピックで念願の金メダルを獲得することが、何よりの親孝行となること間違いないですね!

まとめ

今回は、パリオリンピック金メダル候補の柔道・舟久保遥香選手の兄や家族についてご紹介しました。

  • 舟久保遥香選手の兄は、柔道未経験の一般人だった
  • 舟久保遥香選手の父は、元・山岳会会長だった
  • 舟久保遥香選手の母は、料理でサポートしていた
  • 舟久保遥香選手は幼少期から親元を離れて柔道に打ち込んでいたため、あまり家族の話をしない

以上が今回の記事のポイントとなります。

舟久保遥香選手がパリオリンピックでベストを尽くし、念願の金メダルを獲得されることを応援しています!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次