西田有志の出身高校の偏差値は?卒業後は大学進学せずVリーグへ!

パリオリンピックに向けて、現在注目を集めている選手のひとりである男子バレーの西田有志選手。

今回は、そんな西田選手の高校時代がどんな学生だったのかをご紹介していきたいと思います。

出身高校の偏差値や、バレーの成績について主にまとめました!

この記事で分かること
  • 西田有志の出身高校と偏差値
  • 西田有志の高校時代のバレーの成績
  • 西田有寺の高校時代のエピソード
目次

西田有志の出身高校は?

西田有志画像
引用元:月刊バレーボール

まず、西田有志選手は三重県いなべ市出身です。

そして、地元三重県の四日市市の公式サイトに西田選手の名前が載せられていたことがあります。

海星高校出身の西田有志選手(男子バレーボール)、TSV1973四日市出身の旗手怜央選手(男子サッカー)が東京2020オリンピック日本代表に内定しました!

 本市にゆかりのある選手に注目し、みなさんで応援しましょう!

四日市市公式ホームページ

こちらの情報から分かる事は、西田選手は三重県の海星高校出身だという事です。

西田選手は2000年生まれなので、2016年~2018年まで在籍していました。

ちなみに海星高校出身の有名人には、ライオンズの高木勇人選手を始めとするプロ野球選手の方々や俳優の田中哲司さん等も卒業生にいます。

西田有志の高校の偏差値は?

引用元:アクセス進学

そして気になる海星高校の偏差値は「44~53」で、三重県全ての学力ランキングでは真ん中より少し上に位置します。

なので、西田選手の学力は普通レベルだと分かりますね。

中学、高校進学の際には全国的に有名な強豪校からの誘いもあったが、地元の学校を選んだ。

「強いところに行ってずっと上にいるより、下から倒していくほうが楽しいというか、そっちの方が人生的にもいいかなと思ったので」

NumberWeb

実は西田選手は、高校進学の際にバレーの強豪校からのお誘いもあったのですが、それを断ってあえて地元の高校を選んでいます。

海星高校に進学したのは、西田選手なりの考えがあったのでしょうね。

そんな、中学時代からバレーの世界で注目されていた西田選手の、高校時代のバレーの成績も確認していきます!

西田選手の高校時代のバレーの成績は?

西田有志高校時代画像
引用元:東海テレビ

西田選手は5歳からバレーボールを始め、小中高とバレー部に所属していました。

しかし、高校バレーの大きな試合と言えば「春高バレー」ですが、西田選手は出場を果たすことが叶いませんでした。

確かに春高には一度も出場できなかった。もちろん出られたら一番良かったけど、僕は結果と同じくらいプロセスを大切にしていました。春高に出場できなかったけど、タイミングと運もあって自分はVリーグでプレーするようになった。春高がすべてではないし、出ていなくても今がある。春高に出場していなくてVリーグでプレーしている選手は本当に稀だと思うけど、かといって0%でもないのは自分が一番分かっています。最も重要なのは、目標に到達するまでの過程であり、姿勢です

GROWNG

春高バレーに出場できなかったことは、きっと悔しかったでしょうね。

春高バレーに出場できなかった西田選手ですが、個人としては日本代表に選出されているので、高校時代から実力の高い選手であったことが分かります。

2015年4月に三重県の海星高校に進学し、バレーボール部に所属しながら、クラブチームのヴィアティン三重U-19でもプレー。2016年8月、高校2年生の時に中国で開催された日・韓・中ジュニア交流競技会に日本代表として出場した。

同年9月、ヴィアティン三重U-19のメンバーとして全国ヤングバレーボールクラブ優勝大会を制す。2017年4月にはU-19日本代表に選ばれてアジアユース選手権で優勝を果たす。同年7月には海星高校を全国高校総体ベスト16に導いた。

オリンピック

高校の部活をしながら、他のチーム(総合型スポーツクラブ・ヴィアティン三重)にも所属していたなんてバレーへの情熱の凄さを感じます!

引用元:ヴィアティン三重

その結果、クラブの優勝と高校総体ベスト16に導くことが出来、Vリーグからの声もかかりました!!

西田有志の高校時代の評価は?

西田有志画像
引用元:スポーツナビ

そんな、高校時代からVリーグからの声がかかっていた西田選手の評価をみていきます。

ジェイテクトに敗れたサントリーの荻野正二監督は、西田について、「いやーもう、すげーなーと思いました。高卒で(Vリーグに入った選手の中で)過去最高なんじゃないですか。落とさずにブロックをよく見て打っているし、オポジットとして、高校生だけどもあそこまで託されて、その期待に応えるというのは並大抵の精神力じゃない」と讃えた。

西田に32得点を許して敗れた東レの小林敦監督もこう絶賛した。

「あっぱれです。ブロック以外の技術は日本トップクラスじゃないですか。スパイクとサーブは言うことない。しっかりとブロックを見て広角に打ってくるし、ブロックが揃ったら指先を狙ってかち上げてくる。テクニックだけでなくパワーもあるし。『あんな高校生、いるんだ』という感じですね」


NumberWeb

高校時代の西田選手を知っている監督陣からは、高校生とは思えないプレーと精神力と大絶賛されていました。

なので、ここでも西田選手のバレーの実力と目標を叶えるための精神的な強さが改めて分かります。

そして、自己分析をしっかりしており、目標がかなり高く、スターにできる事は自分もできるというビックマウスな所もあったという事です。

しかし、謙虚で人間性が高いと評判でした!

高校時代から将来をしっかり見据え、そのために何をすべきかしっかり行動をしていたので、今の西田有志選手があるのでしょうね。

西田有志は大学進学していない!

西田有志画像
引用元:オリンピック

日本の男子バレー選手は、高校を卒業後、大学を経てからVリーグに進む選手がほとんどだが、西田はチャレンジを選んだ。

「自分は常に挑戦したいという気持ちを持っているので。大学に行ってからVリーグというのは、自分の中では遠回りというか……、やっぱりジェイテクトに声をかけていただいて、挑戦するチャンスをいただいたからには、チャレンジしてみるべきだと思いました。自分の人生の中で一番大きなチャレンジになると思ったけど、成功するも失敗するも自分の頑張り次第なので」

NumberWeb

Vリーグからの声がかかり、卒業後はすぐにチームに入る事を決めていた西田選手は、大学進学はしていません!!

高校時代から道を決めていたので、勉強よりもバレーに力を注いでいました。

その結果、若くして日本代表のエースとして現在活躍しているので、西田選手の決断は間違っていなかったと言えますね(*^^)v

まとめ

西田有志選手の高校時代についてまとめます。

  • 西田有志の出身高校は三重県の海星高校
  • 海星高校の偏差値は44~53と平均並み
  • 西田有志は高校時代からバレーの実力が高かった
  • 高校時代からプロが絶賛するほどの精神力と人間性だった
  • 大学へは進学していない

以上、西田選手の高校時代について分かりました。

バレー強豪校からの誘いを断り、地元の高校を受験したのには西田選手なりの考えがあったからなのですね。

高校時代は学業とバレーを両立し、目標の為に努力をして夢を叶えている西田選手を心から尊敬します(*^^*)

この記事を書いた人

こんにちは!愛知県出身の1990年生まれ、専門学校卒の女性です。日々の生活で、芸能ネタやネットニュースをチェックするのが大好きで、それが私の情報発信の源になっています。

私のブログでは、日常の小さな疑問や、ネットで見つけた面白い話題をシェアしています。読者のみなさんが、ここで得た情報をもとに楽しい会話ができるような、そんなコンテンツを目指しています。忙しい毎日の中で、少しでも皆さんの生活が楽しくなるような、そんなお手伝いができたら嬉しいです。

最新の芸能ニュースから、話題のネット記事まで、幅広い情報をお届けします。世界中のニュースを追いかけ、最新のトレンドを分析して、読者一人ひとりに合った情報を提供することを心がけています。読者のみなさんからのフィードバックも大切にして、ブログの内容をより良くしていきたいと思っています。

情報を共有することで、みなさんの生活がもっと豊かになるよう努めています。私のブログが、インスピレーションの源となり、新しい視点を提供する場所であることを願っています。

これからも、楽しくて有意義なコンテンツを提供し続けます。私のブログが、みなさんの毎日に小さな変化をもたらし、明るい一日を過ごすお手伝いができれば、それに勝る喜びはありません。

コメント

コメントする

目次